定期借地権とは

定期借地権と一口に言っても、次の三つに分かれます。
まず、一般の方が住宅購入などのために借りることが多い、「一般定期借地権」事業をするために借りる「事業用借地権」、借地権の存続期間を30年以上に設定し、契約終了後に地主が借地人から建物を買い取ることで、借地権が消滅する「建物譲渡特約付借地権」の三つです。

一般定期借地権は、借地期間は50年以上に設定する必要があります。
また、期間満了時、つまり土地を返還するときには、無条件で建物を取り壊して土地を返還しなければなりません。
事業用借地権は、借地期間は10年から50年未満です。
期間満了時は、一般定期借地権と同様に、無条件で、建物を取り壊して土地を返還するという契約です。
建物譲渡特約付借地権は、借地期間は30年以上で、期間満了後は、地主が借地人から建物を買い取るという形で借地権が消滅する契約です。

「借地権」自体も、「旧借地権」「普通借地権」「定期借地権」の三種類に分けられます。
旧借地権は、大正期に制定された法律で、借地期間が満了しても貸した側(地主)に正当事由がなければ、借地権が更新されるというものです。
普通借地権は、当初の借地期間が30年、1回目の更新は20年、2回目以降の更新は10年となる制度です。
普通借地権も地主に正当事由がなく、借地人が望めば、契約が自動更新されます。
また、どうしても明け渡しを求める場合、立退料を支払う必要があり、土地所有者にとって土地をあげるような認識があります。
結果、借地による土地の供給が著しく低下し、土地の貸し渋りが多くなりました。
そのために、更新のない借地権、「定期借地権」の制度が登場したのです。



○TOPIC
旧法と新法での違いもあり、複雑な借地権の更新でお困りなら専門スタッフに相談をしてみましょう => 借地権 更新

Copyright © 2014 定期借地権!? All Rights Reserved.